害虫が出た場合の対処法【被害が出る前に予防する】

駆除

冷却ガスで勝負

ゴキブリを駆除する方法は様々です。害虫の代表的存在なため、駆除することが可能な商品も様々なタイプが存在します。代表的なもので言えばホウ砂を利用した毒による死滅でしょう。昔からある方法で雑食性なためそれなりの効果がありますが、ゴキブリは高い知能があるため継続的に効果が見込みにくい場合があります。そのため近念ではもっぱら殺虫剤による駆除が一般的でしょう。殺虫剤にも様々な種類があり、基本的には殺虫成分を吹きかけることによって同時に行動を抑え、死滅させます。しかしながらゴキブリは薬品耐性が強いため吹き出す殺虫成分も強いものになり、多くの殺虫剤が医薬品の扱いで販売されています。人にも毒性があり、薬局などでしかその姿を見ないのは毒性が強いという理由があるためです。

人にとって毒のない駆除方法として近年注目されているのが冷却ガスを利用した駆除方法です。殺虫剤と同じ見た目ですが、中身は殺虫成分ではなく冷却ガスが入っています。噴射するとマイナス数十度の冷却ガスが吹き出し、押さえつけながら瞬時に凍らせることが出来ます。薬品耐性のあるゴキブリですが温度に対して非常に敏感で、マイナス数度で生存できなくなる特徴があります。そのため効率的に駆除ができ、住宅内で使う場合でも人体に害が無いというメリットがあります。しっかりと凍らせ溶ける前に処分する必要があり、完全に溶けてしまうと再び動き出すこともあります。